Smile Smile

脳腫瘍・頭蓋咽頭腫になった息子と母ちゃんの日々。

息子の成長についてなど。

下垂体機能低下症で、成長ホルモンはほぼ出ていない息子。

成長ホルモンの量は同じ歳の子の10分の1程度しか出ていないみたいです。

ただ、今はまだホルモン治療を始めるほどの低身長というわけでもなく、

自然にどこまで伸びていくか様子を見ています。

f:id:chisa321:20170306135206j:plain

2年4か月で、身長は6cm伸びました。

(好きなものは戦隊モノから仮面ライダーに)

 

以前は周りの子よりちょっぴり大きめだった息子ですが、

今は幼稚園で背の順に並ぶとかなり前の方です。

私がお迎えに行った時に大きい子のグループの中にいると

埋もれてしまってどこにいるのか見つけられないことも、、笑

 

あぁ、やっぱり小さいなぁ〜と感じてしまいますが、

いつかはきっとホルモン治療をして伸びていくと思うので、

今は小さくて可愛い時期をみんなより長く味わえると思って、、

ポジティブに考えたいなぁと思ってます!

 

また、下垂体機能低下症の方は太りやすいそうなのですが、

息子は場合は体型は全く変わらず。

どちらかというと以前と同じままの瘦せ型です。

体重も2年4か月で1kgほどしか増えておらず、

幼稚園のママさんからは『足ほそっ!!』『ガリガリやん!!』と言われることが多いです、、(^^;

 

幼稚園で知り合ったママさん達には息子が脳腫瘍の手術をしたことや、下垂体機能低下症という持病があることは話していません。

手術をした当時から仲良くしていて信頼できる数人のママ友だけが知ってます。

 

なので、何も知らないママさんから見たら、背も低いし体も細いしで小柄な子だなぁという印象は持たれてるだろうなと思います。

同い年の子ではもう身長も110cm以上で、18〜20kgぐらいある子もたくさんいるので。

 

 

息子がこの病気になってからだの変化で私が気づいたことは、

『冷え』と『肌荒れ』です。

お風呂でゆーっくり温もっても、

お風呂から出て着替えているともう手足がかなり冷えていたり。

朝起きて手を握ったら氷水につけていたかのようにキンキンになっていたことも。

 

肌荒れは特に寒い時期は酷くなりがちです。

手術前は全くそういうことがなかったので、病院の先生に聞いてみたところ

やはりこの病気と関係はあると思いますね、いう返答が。

ただ、この肌荒れ問題について先生に話したのがつい最近だったので、

「息子くんにもそういうトラブルがあったんですね。

今までずっと順調で変わったところもほとんど無かったのですごいなぁと思っていたんですよ!」

と言われました。

 

この病気は人によって症状が本当に全然違うんだろうなぁと思います。

息子は大きな変化もなく、元気に過ごせているので

とても恵まれているのかもしれません。

 

いろいろ考えて落ち込む日もたまーにありますが、

元気に普通に過ごせる毎日に感謝したいです☆☆☆☆☆☆☆☆